フリーローン比較!借金地獄に陥らないために

金融機関でお金の借り入れをする場合はローンサービスの利用が基本になりますが、目的に応じて利用することができるローンも多くあるので目的ローンに該当する借り入れの場合はそのままローンの申し込みをするとよいでしょう。

スタンダードな目的ローンとしてはマイホームを購入するために必要な資金を借りる住宅ローンや高額な車を購入するために必要な資金を借りるマイカーローン、他にも学校に行くための費用を借りるための学資ローンなどもあります。

どのローンを利用する場合も借りたお金にはあらかじめ決められている金利が付与されるので借りた金額よりも完済する金額の方が多くなるのは普通ですが、それぞれの金融機関のローンサービスによって設定されている金利は異なっている特徴があります。

また、目的ローンに該当しない借り入れの場合についてはフリーローンの利用をおすすめしますが、専用のカードを発行してもらってお金の借り入れをすることができるカードローンについてもフリーローンの一つに該当されます。

ただし、カードローンだけでなく最初にまとまったお金を借りて返済一本型になるローンもあるので借り入れの目的やお金がいつまでに必要になるのかという期間などに応じて考えていくとよいでしょう。

フリーローンを利用することによってお金に困っている場合でもお金を借りることができるのでピンチを乗り切ることができますが、借りることができる金額については年収などによっても異なってくるので場合によっては思った金額が借りられないこともあります。

最近は賃金業法の改正などからも分かるようにお金の借り入れについては厳しい状態になってきており、誰でも借りることができた昔のローンとは根本的に仕組みが変わりつつあります。

一方で安心してローンを利用することができるような環境が少しずつ構築されているということでもあるのでフリーローンの利用をする場合も賢く使うことでかなり便利なローンになります。

フリーローンと目的ローン

金融機関が提供しているローンの中には目的が決まっているローンと目的を決めずに利用することができるローンがあり、住宅ローンやマイカーローン、学資ローンなどは使用目的が明確になっていることから目的ローンと呼ばれ、多目的ローンやカードローンなどは自由な用途で利用することができるのでフリーローンと呼ばれます。

目的ローンに該当しない使い道でお金が必要になった場合はフリーローンに申し込みをしてお金を借り入れるのが一般的になっており、カードローンであれば年収の3分の1を超えない範囲での借り入れ、多目的ローンであれば必要な金額を申請して申し込みをすることができます。

目的ローンは最初から決まった用途に使用するのでローンの審査にクリアした場合は住宅ローンであれば建築会社などに銀行からそのまま支払われてマイカーローンの場合はディーラーにそのまま支払われるのが一般的となっています。

一方でフリーローンはあらかじめ指定した口座に一定の金額が入金されるケースや取引に必要な専用のカードを発行してもらってそれを利用してからの取引になることが多くなっています。

フリーローンを利用する目的はいろいろありますが、誰でも利用することができるわけではなく審査に通過しないことには借りることができないので申し込みの条件をあらかじめ調べておく必要があります。

また、借金をするということなので返済できなくなるリスクについても考えておく必要があります。

フリーローンで借金地獄に陥らないために

フリーローンを利用する場合に気をつける必要があるのは計画性を持って借りることをしっかり意識することですが、誰でも最初の借金というのは慎重にするもので最初からいきなり借金地獄になるケースはあまり多くありません。

しかし、何度かフリーローンを利用して借金をしていると借金をするという状況に慣れてしまうようになり、新たに借り入れをしても以前ほどの危機感が無くなることによって不要な借金を増やしてしまうケースがあります。

そうならないためにもフリーローンを利用する場合は計画性をもってきちんと借り入れをする必要がありますが、利用する前は目的意識をしっかり持ってなおかつ借りる金額に対して付帯される金利や完済までにかかる大まかな期間についても意識しておく必要があります。

また、フリーローンを利用している場合に金利の負担が大きいと感じる場合は借り換えローンを利用することや多重債務の場合はおまとめローンを利用するなど対応策はいろいろあるので早めに対応するようにしましょう。

賢く利用すれば生活にかなり役立つローンですが、使い方を間違ってしまうことによってかなりのリスクを被ることになるということにも気をつけて利用するようにしましょう。

そしてローンは最終手段であり、できればしないで済むように日頃から資金管理をきちんと行って貯金をして何かあった場合にカバーすることができるような環境を作っておくことを心がけることも必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする