カードローン型のフリーローン

フリーローンには多目的ローンとカードローンがあるわけですが、カードローンというのは専用のカードを金融機関に発行してもらって、そのカードを用いて取引が自由にできるというものです。

カードローンの特徴は何度でも追加融資を受けることが可能という点で、例えば申し込みをして100万円までの借り入れが可能になった場合は最初に10万円を借りても残り90万円はいつでも好きなタイミングで借りることができるわけです。

もちろん、この場合は90万円を一回で借りても30万円を3回で借りてもいいわけですが、小出しに借りることができるのでその都度お金が必要になった場合に借り入れすることができるメリットがあります。

また、今はほとんどの金融機関でインターネットから申し込みをすることができるようになっているので店舗に行って申し込みをすることに抵抗を覚える場合でも誰と顔を合わせることなく自宅の部屋の中で申し込みをすることができます。

フリーローンなので特に利用する金融機関から具体的な使用を問われることもなく自由に借りることができるようになっているものの、事業性の使用については禁止になっているところも多いのでフリーローンでもその点には注意して利用するようにしましょう。

返済についてもいつでも自由に追加返済することができるので少しでも金利の返済に負担を低減したいのであれば臨時収入やボーナスがある度に返済をしていくと完済までスムーズに進みます。

返済型のフリーローン

フリーローンの利用を検討している人の中にはお金が必要になったものの、該当する専用のローンが用意されてないのでさまざまな目的で使用することができるフリーローンの利用を考えている人も少なくないと思います。

一般的にフリーローンはカードローンと多目的ローンに大別されるので、それぞれの特性を理解した上で利用する方を選ぶことになりますが、フリーローンの場合は最初にまとまったお金を借りて返済だけになります。

そのため、一般的なローンと性質は似ているのですが、目的が明確に決まっていて借りる金額についても分かっている場合は多目的ローンの利用がおすすめで、この場合は追加融資をすることが難しいので後から必要になった場合に困る可能性があるものの、不要な借金をしなくて済むメリットもあります。

多目的ローンは基本的にどのような目的でも利用することができるローンになっているので結婚式でまとまったお金が必要になった場合や住宅のリフォームでお金が必要になった場合などにも対応することができます。

金利についての設定は用意している金融機関によって異なってくるので事前に調べておく必要がありますが、完済するまでの期間が短くなっているほど返済における金利負担は小さくなっています。

一方で完済するまでの期間が長くなっている場合はそれだけ返済における金利負担は増えることになるので借りる金額だけでなく返済する期間についても考慮しておく必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする