フリーローンと総量規制

フリーローンの利用を検討している場合に返済型の多目的ローンといつでも自由な借り入れや返済をすることができるカードローンで悩んでいる人もいるかもしれません。

基本的にカードローンの場合は銀行や消費者金融、信販会社などが対応しているので選択肢は多いのですが、多目的ローンに関しては主に銀行が提供しているフリーローンのサービスになるので選択肢が少ないというデメリットがあります。

フリーローンの利用を検討している場合にまとまったお金が必要になっている場合は総量規制の影響を考慮する必要が出てきますが、これは年収から考えて3分の1を超えて借りることはできないという法律によるルールです。

賃金業者に適用されるルールになるのでカードローンを消費者金融や信販会社で利用する場合はそのまま影響を受けてしまうのですが、銀行においては総量規制によるルールが法律で定められているわけではないもののリスク低減のために大抵の銀行は総量規制のルールに準じた貸し出しをします。

フリーローンを利用する場合にカードローンの場合は自分の年収からどれくらいのお金を借りることができるか計算して考える必要がありますが、反対に多目的ローンの場合は総量規制の影響を受けないのでまとまったお金を借りることができる可能性もあります。

これは多目的ローンの場合は返済型のローンになるので追加融資を受けて借金が減らないというリスクが少ないためですが、いずれにしても借金返済に関しては計画性を持つことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする