窓口のある銀行とネット銀行でフリーローンを利用する場合

ネット銀行のフリーローンを利用する場合

最近は低金利でお金の借り入れをすることができることもあってネット銀行が注目を浴びており、ネット銀行では窓口がある通常の銀行と同じようにフリーローンを利用することが可能になっています。

ネット銀行は店舗を持たずインターネット上のローンサービスの利用などが実現されている金融機関のことで口座の管理から借り入れや返済なども専用のページから行うことができるのでリアルタイムで振込みをすることやカードローンの利用であれば随時借り入れができます。

ネット銀行で提供されているフリーローンの金利が低い理由は店舗を維持するための費用や対応するスタッフを削減することによって直接的な節約効果があることが理由になっています。

ネット銀行のフリーローンを利用する場合も事前に申込みをする必要が出てきますが、審査においては多目的ローンタイプだと数日程度はかかるものの、カードローンタイプであれば即日融資が実現されます。

また、ネット銀行の場合はカードレスローンといってフリーローンでもカードを使用しないタイプのローンが用意されていることがあり、この場合は審査にクリアしてからカードを発行してもらうまでの時間を短縮することができるのでよりスピーディーな借り入れが可能になります。

借りたお金については返済スケジュールに沿ってきちんと返済を進めて行く必要があるので、フリーローンの申し込みをする前に必ず用意されている返済シミュレーションなどを活用して完済までの流れを把握しておきましょう。

窓口のある銀行を利用する場合

銀行で利用することができるフリーローンは多目的ローンとカードローンですが、少しでも金利が低いフリーローンを利用したいのであれば多目的ローンの利用がおすすめで、さまざまな用途に利用することができるようになっています。

多目的ローンは申し込みの時に借りたい金額を指定して、借りる目的についても記入するのが一般的となっていますが、事業用の使用などについてはできないことになっているので安定した収入があっても事業用に利用したいと記入すると審査にクリアしない可能性があります。

基本的にお金が口座に振り込まれてからは金融機関側から何に使用したかということを聞かれることはないので事業用に使用することを目的としていても他の用途で申請することで借りることができる可能性があります。

フリーローンの利用をする場合に窓口がある地方銀行や都市銀行を利用して借り入れするメリットとしては分からないことがあった場合にアドバイスを受けることができることです。

インターネットでも申し込みをすることができるようになっているものの多目的ローンの利用において分からないことがある場合を考えると窓口まで足を運んで直接的に申し込みをする方が確実ではあります。

カードローンもフリーローンの一つになりますが、即日対応を希望している場合はカードの受け取りの関係などから窓口が開いている時間に済ませる必要があるので遅い時間だと対応不可になっている可能性もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする