二つある銀行のフリーローン

フリーローンというのはそもそも該当する目的が無い場合に借りるためのローンであるため、フリーとは言いつつも何らかの使い道があるのが一般的となっていて旅行や高級な生活用品を購入するなどまとまったお金が必要になるシーンもいろいろ想定されます。

基本的にフリーローンには二つの種類のローンが用意されており、一つはカードローンタイプでもう一つは多目的ローンタイプとなり、地方銀行でも都市銀行でもそれぞれのサービスが提供されているところが大半です。

どちらのフリーローンを利用するかについてはその時の借り入れの目的などによっても変わってくるので一概には言えませんが、カードローンの場合だと追加での借り入れが自由になるので後からお金の借り入れが必要になった時のことを考えて備えておくことができます。

しかしながらカードローンは金利が高めに設定されているので借りる目的で明瞭になっていてなおかつ完済までの期間が長くなりそうな場合や追加融資を必要としない場合は多目的ローンを申し込んでまとまったお金を借りておく方が後の事を考えるとおすすめです。

多目的ローンは一度借りてしまうと再び借りることは難しいというデメリットはあるものの、返済オンリーになるので確実に借金を減らすことができることや最初にまとまったお金を借りることができるので目的もすぐに果たすことができます。

どちらのローンを利用する場合も計画性を持って収入に応じた借り入れを意識するようにしましょう。

銀行系フリーローン利用の流れ

銀行のフリーローンを利用する場合に昔は窓口まで行って説明を受けながら申し込みをするのが一般的だったので、一昔前にフリーローンを利用したことがあって再び借りようとしている人は窓口に足を運ぶことに煩わしさを感じるかもしれません。

銀行であっても窓口に足を運んでローンのやりとりをしていると知っている人に見られた場合に詮索されてしまうなどの恥ずかしさもありますが、今はスマホやパソコンを使って簡単にローンの申し込みをすることができるようになっているのでスムーズな借り入れが可能です。

銀行のフリーローンを利用してお金を借りた後は決められた返済スケジュールに沿ってコツコツ返済していく形になりますが、一回に返済する金額は借りる金額によって異なるものの1万円から2万円程度が多くなっています。

もちろんカードローンであれば追加返済が自由にできるのでボーナスをもらった月は余分に10万円を追加返済することもできるのですが、借金は抱えているほど金利が発生する仕組みになっているので即効完済を目指すことのメリットは高いと言えます。

どれくらいの期間を通して完済することができるのかという部分については借りる前からできれば知っておきたい部分で、これについては銀行のホームページで用意されている返済シミュレーションのツールを利用することで知ることができます。

また、借金はできるだけしないようにするという気持ちを持つことも大切なことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする