フリーローンに必要な書類はどんなもの?

フリーローンに申し込みをして無事に借りることができるようになると、多目的ローンの場合は指定している口座に申し込みをしていた時の金額が振り込まれて、カードローンの場合は取引をするために必要なカードを発行してもらうことによって自由に借りることが可能になります。

フリーローンに申し込みをする場合に必要な書類としては多目的ローンの場合は身分証明書だけで借りることができるようになっているところが多く、一方のカードローンについては重ねて収入証明書が必要になることがあります。

収入証明書というのは自分にどれくらいの収入があるのかということを証明するための書類ですが、これによって金融機関はいくらくらいの貸し出しをするか決定づけるので審査によっては自分が希望していた金額の借り入れをすることができない可能性もあるので注意が必要です。

フリーローンに必要となる収入証明書については金融機関のタイプによって提出の有無が変わり、銀行の場合は概ね100万円から200万円を超える借り入れの時に提出を義務付けており、消費者金融については50万円を超える借り入れの時に提出を義務付けています。

消費者金融と銀行で提出する収入証明書の条件が異なっているのは法律による制限が大きな理由になっており、消費者金融の場合は賃金業法という法律の影響を受けることによって50万円以上の借り入れに対しては証明書の提出が義務付けられて、銀行の場合はそのような制約がありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする